那覇内視鏡クリニック

初診受付はコチラ
  • 【受付時間】8:30 ~ 17:00
  • 098-940-6060

診療案内INFORMATION

内視鏡検査

当院では患者様に少しでも楽に安心して検査を受けていただけるよう、胃には経鼻胃カメラ・拡大胃カメラ、大腸には細径カメラを導入しております。 ご希望により鎮静剤を使うことで楽に内視鏡検査を受けて頂くことが可能です。

胃カメラ検査

胃カメラ検査は食道、胃、十二指腸を直接カメラで観察するため、胃癌・食道癌の早期発見や逆流性食道炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、ヘリコバクターピロリ菌感染の診断が可能な検査です。 また腹痛、貧血などの原因を調べるため、食道・胃・十二指腸に発生した潰瘍、炎症、腫瘍、ポリープなどを診断する為に行います。胃カメラ検査により、それらの病気の正確な診断、治療が行えます。

■ 経鼻胃カメラ検査( 鼻から胃カメラを挿入 )

細径内視鏡を用いて鼻から内視鏡を挿入して、上部消化管内視鏡検査を行います。検査中の苦痛、嘔吐反射が少なく、楽な検査とされています。

■ 経口拡大胃カメラ検査( 口から胃カメラを挿入 )

経口胃カメラ検査は「つらい」「苦しい」などのイメージがありますが、当院では「眠っている間に検査を行う」鎮静法も行っております。
検査中にポリープや潰瘍などの病変を発見した場合には、拡大機能を備えた拡大胃カメラを使用し、 病変の拡大観察を行い病変の微細な血管や粘膜構造を評価することで正確な診断に近づくことが可能となり、最も適切な治療法を選択することができます。

大腸カメラ検査

大腸カメラは、便潜血検査で異常を指摘された方、腹部症状のある方が主に対象となる検査です。大腸の病気は、大腸癌、大腸ポリープ、腸炎、大腸からの出血などが挙げられます。 大腸カメラでは、それらの病気の正確な診断・重症度の判断、治療がおこなえます。検査中に病変が発見された場合、腫瘍性のものや早期がんであれば、その場で切除をおこなうことも可能です。

大腸ポリープ切除( 日帰り手術 )

検査と同時に【 日帰り手術 】も可能です。
当院では大腸ポリープの日帰り手術も行っております。大腸カメラ検査の際にポリープが見つかった場合、内視鏡的に切除可能かをその場で判断し、可能であれば検査当日にポリープを切除します。

大腸ポリープ

生活習慣病

高血圧症、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病の管理・診療を行っています。 生活習慣病は動脈硬化を引き起こすことにより、脳卒中、心臓病、腎臓病、その他の疾患の原因となります。
高血圧治療に関しては、収縮期血圧10mmHg、拡張期血圧5mmHg の低下により、心血管病リスクは脳卒中で40%、冠動脈疾患で20% 減少することが明らかとなっています。
糖尿病の方は、心筋梗塞のリスクが健常者の3 倍以上。脳梗塞、認知症のリスクが2~4 倍であり、癌のリスクも増加します。 3 大合併症といわれる、糖尿病細小血管合併症( 網膜症、腎症、神経障害 )や、末梢動脈疾患の原因ともなります。
適切な治療により、動脈硬化性疾患、合併症の発症、進展の阻止、健康な人と変わらない日常生活の質の維持、寿命の確保を目指します。

ピロリ菌の検査・除菌

ピロリ菌は50 代以上の日本人の70~80% 以上が感染しているといわれています。ピロリ菌が持つ酵素 ( ウレアーゼ ) は胃や十二指腸に障害を与えます。 関連のある疾患としては、十二指腸潰瘍、慢性胃炎、胃がん、逆流性食道炎などが挙げられます。当院では、積極的にお薬での除菌をお勧めしています。

一般内科

風邪やインフルエンザ、各種アレルギー疾患、喘息、貧血、生活習慣病、体の不調など、内科一般の診断・治療・管理を行っております。

予防接種

インフルエンザ

インフルエンザを予防する予防接種です。成人の方が対象です。

肺炎球菌

高齢者の肺炎の原因となる可能性の高い「肺炎球菌」による肺炎を予防するワクチンです。
高齢者肺炎球菌ワクチン接種は任意の予防接種ですが、現在65 歳以上でまだ肺炎球菌ワクチンを接種されていない場合は助成を受けることができます。

自費診療

AGA・ED の診療

AGA( 男性型脱毛症 )やED( 勃起不全 )は、なかなか他人には相談しにくい病気で、中には病院に行くことを躊躇してしまう方もいらっしゃるかと思いますが、ぜひお気軽にご相談ください。

プラセンタ

プラセンタ注射とは、人の胎盤より抽出生成された製剤を注射することで、肝細胞はじめ体の細胞を活性化し、臓器・器官を良い状態に保つことの出来る注射です。 多くの効能を持ち、美容・健康維持・疲労回復に効果があると人気の注射です。